研究開発

営業部門

現場目線での取組み

ウレタン製品は使いやすさが製品の評価、品質へと繋がります。
日本パフテムが現場発泡ウレタン分野へ進出した当初、「本当に、良いものに巡り合えた。」と、日本パフテムの製品を
仕事仲間へご推薦いただいた施工店(職人)の皆様のお力で、
営業部門は大いに助けられました。

その際に「もっとこうしたら?」「こういうことはできないの?」と実際に使っていただいた皆様に、貴重なご意見ご要望をいただきました。
特に日々施工条件が変わる建築現場向けの現場発泡ウレタンの製品開発には、大変参考になりました。

日本パフテムでは、それ以来、実際に使う方の声を常に最重要とし、製品が売れたら営業は終わりではなく、数多くの建築現場や工場内生産ラインを見ている営業スタッフが、「使ってみてどうか?」「もっと良い製品にするには?」の現場の声を拾い、「お客様にあったウレタン製品」、「日本パフテムならではのウレタンとは何か?」を追求し、継続的な改善努力を研究・製造スタッフ全員が心がけています。