パフテムのウレタン

ウレタンの可能性

硬質ポリウレタンフォームの可能性

地球温暖化防止のための省エネルギーが叫ばれています。
国内では2011年の東日本大震災を契機にエネルギー需給に関しても強い関心が寄せられるようになり、断熱には省エネルギー以外にも多様な効果があることが認識されてきています。

ウレタンは他の断熱材と比べ、比較的簡単にシームレスな断熱層を形成させることができるため、より確実な断熱が可能になります。

これにより省エネかつ快適な生活を手に入れることができます。また、もしもの時に生命を守る必要最低限の住まいの温度を確保することも可能です。

政府が進める「都市の低炭素化」「2020年の省エネ基準義務化」に向け、他の断熱材にはない断熱効果、気密性において差別化をはかることができます。
すでに、植物由来の原料システムの構築も一部用途で開始されており、限りある石油資源の有効活用も進みつつあります。